【自然養鶏】スダチの木の下でのびのび暮らす鶏に出会った。in神山

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【自然養鶏】スダチの木の下でのびのび暮らす鶏に出会った。in神山
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed

今日はガチで自然養鶏について記事を書きます。

えぬおです。

今日は予定通り朝から自然養鶏(循環養鶏)を見に行ってきた!

神山の山の中で鶏を育てているお宅を訪問してきた。

場所は神山温泉から少し山を登った所で、↓のような感じ。

窓の無い鶏舎や、平飼いではなく、広い敷地で放し飼いをしている。

鶏が暮らしている敷地にはスダチやレモンなどの柑橘類が植わっていて、

そこのスダチは徳島でもかなり質が良いと評判みたいである。

自然養鶏を俺なりに解釈して説明するとすれば、

ストレスの無い広い土地で、鶏は自然の物を食べて育つ(草やミミズなど虫)、その鶏の糞がまた土地を育てる。

糞が植物を育て、そこに暮らす生き物を育てる。それをまた鶏が食べ・・・の繰り返しだ。

このような理由から、スダチの質が高くなるのも頷ける。

また、鶏の飲み水にもこだわっている。

下の写真のように山から湧き出ている清水が常にチョロチョロと出ているので、

天然のミネラルを含んだ新鮮な水をいつでも飲むことが出来る。

水が綺麗な証拠に、清水の横にはクレソンまで育っている。

鶏は自然の恵みを十分に取って育つので、病気にもかかりにくく薬などを与える必要が無い。

なので鶏達は平和にスダチの木の下でのびのびと育っているのだ。

兎に角、ここまで紹介して改めて思ったけど、この鶏達は育っている環境がすごく良い。

これも全て自然養鶏を営むオーナーさんの愛ゆえにだろう。

実際話を聞きながら写真を 撮ってたけど、すごく鶏のことを大事にしてた。

今は全部で80羽くらい鶏が居るみたいだけど、土地の広さを考えると このくらいが丁度いいらしい。

以前は150羽くらい居たらしんだけど、鶏のことを考えて少なくしたみたい。

正直俺から見る と、150羽居ても全然余裕でのびのび育てる広さだと思う。

ここまで読んだ人はわかると思うけど、こんなに良い環境で育った鶏の卵が美味くないワケが無い!

ここの卵は格別で、黄身の膨らみも味も相当なもんである。

(以前頂いた奴。今回 も分けていただきました・・・!申し訳ないです;)

ここのオーナーさんは市役所横の中洲市場で卵や、自然で育った野菜などを販売してるから

興味のある人は是非行って上げて欲しい。正直間違いないよ!

詳しい事が聞きたい人はコメントか俺のTwitterに連絡ください。

もう少し暖かくなったら、鶏達の違った表情を抑えるために、また行ってきます!

でわ!

因みに、このこはオーナーさんの家に昨日来た新入りみたい!

まだ足元がおぼつかなくて可愛い奴だけど、何れは鶏達を猫やイタチから守る頼もしい番犬に成長する事が期待されているのだ!

ツイートツイート
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 最後の写真の犬かわいいですねー!!
    自然の風景に癒されました。
    バードヤードのブログへきていただき、
    ありがとう御座いました。
    自然農、すごく楽しそうですね。
    空気がおいしそうで、写真を見ているだけでワクワクしますね。

  2. えぬお より:

    ウォー!猪飼さんに見ていただけるなんて光栄です!駄文で申し訳ないです^^;

    そしてこれからも更新たのしみにしてます!

  3. 田舎の風景や、養鶏、自然農なども興味あるので、
    えぬおさんの文章や写真、とても楽しんで読ませてもらっていますよ!

    これからもちょくちょく観にきますね。
    バードヤードのほうでもお待ちしておりますね。

  4. えぬお より:

    そう言って貰えると凄く嬉しいです!

    これからも地元徳島や自然農の魅力をちょくちょく記事にします。
    有難うございました^^

    バードヤードはRSSで毎日チェックしてますw

  5. 私も早く休みを取ってたまにはゆっくり遠くへ行きたいです・・・ 笑
    RSS登録ありがとうございます!

    では、またバードヤードの方でもお待ちしておりますね。
    お互いブログと仕事、がんばりましょう!

  6. エヌオー より:

    夏なら徳島は阿波踊りが熱いですよ!
    まだまだ先ですが^^

    仕事もブログも頑張ります^^
    バードヤード楽しみにしてます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。