鶏の種類について 【岡崎おうはん】

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 鶏の種類について 【岡崎おうはん】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed

こんばんは。

昨日あの後ベルバードで水入れを2個注文しました。えぬおです。

今日は育ててる鶏の種類について書きます。

今育てている鶏は「岡崎おうはん」という種類の鶏で、純国産鶏に当たる鶏です。

純国産鶏とは、日本国内で育種改良された種鶏の事で、日本国内で今後も幾世代において、選抜交配を繰り返して育種改良を行い作出される実用鶏のことです。

横班プリマスロック♂

ロードアイランドレッド♀

親は元々海外で品種改良されてますが、

この2種類を掛け合わせたのが、「岡崎おうはん」になります。

見た目はほぼ、横班プリマスロックですね。

鶏冠

何となく、♀の見た目を受け継ぐと思っていたので、ちょっとびっくりでした。勝手な先入観ですけどね。

岡崎おうはんは育てやすく、強靭で環境適応能力が高いようで、一羽は台風の時に雨に打たれて亡くなってしまいましたが、残りの鶏達は今も元気で育ってます。

実物を見ると脚が逞しくて、何ともいえない格好よさがあります。

横班模様もあいまってか、見た目はほぼ恐竜です。すげぇカッコいいです。

その他の特徴として、黄身が大きく、卵かけご飯に最適。

うま味と歯ごたえのあるジューシーな鶏肉。

つぅ感じで、卵も肉も両方いける肉卵両用タイプです。

今回育てているのは25羽全部♀なので、卵用と考えてます。

自分の所で繁殖させるようになったら、半分は♂になるので、肉用という流れです。

ヒヨコとして届いたばかりはこんなに可愛いので、まだまだ肉として食べるってのは想像できないです。

おうはん雛

ただ、近い将来そういう日が来て、それはそれで一人前の養鶏家だよなとか考えたりしますね。

とりあえず後1、2ヶ月で卵を産み出すので、楽しみです。

ちなみに、えぬお農場の岡崎おうはんは、小松種鶏場から送ってもらいました。

次拡大する時も2代目は、♀だけじゃなく、♂も何羽からいただこうと思ってます。

次回は、ロードアイランドレッド、アロウカナ、もみじのこの辺りを別の血として持ってきたいなとか考えているえぬおです。

最終的には自分だけの配合で、新しい国産鶏を育ててみたいなとか考えちゃいますね。

ツイートツイート
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。